スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々)長門のAI 

また、問題に直面した。
いやみを解釈できるのかどうかについてだ。
人間にも、ある言葉をいやみだと思ったり、思わなかったりする人がいる。
鈍感とか敏感とかそういうことを含めてだ。
しかし、結論はすぐに出た。
「長門にそこまで複雑な感情はいらない」
うん。問題ない。
でも、もしこのAIが成長して、複雑な感情を計算できるようになったとしても別に問題ない。
感情はあってもいい。別にいい。どうでもいい。

コメント

コメントを投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://trainfandiary.blog14.fc2.com/tb.php/29-a9c9b47d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。