スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DxLibDotNetでMecheartの開発を開始するお 

ずーっとWEB開発しかやっていませんでしたが、久々にVB2008のIDEを起動。
「この偽クラスプラットフォームが!!」とか思いながらもスタンドアロン型のゲームで3Dだと俺にはこの選択以外にない。
ああ、邪悪。
俺はLinuxで動かしたいよ~とか思いつつも仕方がない。
俺はSDLやらGLUTを使いこなすほど高度な技術は持ち合わせていないのだ。
#実は途中からGLUTに移行するとか考えていたり。そうでなかったり。ラジバンダリー。

で、問題なのは3Dライブラリですが、どうせ窓限定なら有名で簡単なものをってことでDxLibの.NET版である"DxLibDotNet"を使わせていただきます。あぁ、ありがたや。

#GLUTいいなぁ……。Macでも動かせるじゃん。
#とかいいつつ、Macの環境を俺は持っていない。
#GLUTをC++から使って書いたらカッコイイよなとか、Linux/Mac(もといUNIX系OS)ユーザーにも遊んでもらえたら幸せだなとか。
#MS環境から始めた自分が恨めしい。

コメント

コメントを投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://trainfandiary.blog14.fc2.com/tb.php/301-af5c0417

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。