スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Goをインストール#1 

暇だし、気になったのでインストール。

まずは作業用ディレクトリでも作りますか

$ cd ~
$ mkdir go
$ mkdir bin


んでパスを通します。

$ gedit .bashrc

こいつを一番下に追記

export GOROOT=$HOME/go
export GOOS=linux
export GOARCH=386
export GOBIN=$HOME/bin
export PATH=$GOBIN:$PATH

そんで設定再読み込みっと

$ source .bashrc


ソース取るのに必要らしいからなんか入れる

$ hg clone -r release https://go.googlecode.com/hg/ $GOROOT

#ネットが遅いとゆっくりですねぇ、と。

コンパイルのためのツールを入れるっぽい

$ sudo apt-get install bison gcc libc6-dev ed


いよいよコンパイル。緊張の一瞬です。
#一瞬とか言いつつ3.16GHzでも1分半くらいかかったお。

$ cd $GOROOT/src

で、ここで「"./all.bash"でエンターキーをドーン!!」とやりたくなるわけですが、
そのままだと、

yerr.h:17: error: ‘loadsys’ undeclared here

とエラーを吐いてくれちゃうのです。
というわけでRuss Coxさんの言う通りに、

$ LANG=C ./all.bash

とやるわけです。メデタシ。
ちなみに次のリリースでは修正するって。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=暫し待つ=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

コンパイルが完了したらHello Worldでも書きますかね。
ってことでそれは次回で。
ではサイナラ。

コメント

コメントを投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://trainfandiary.blog14.fc2.com/tb.php/330-5a09c13e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。